相続問題の解決に力を入れている「宝塚花のみち法律事務所」の相続分野に特化した相談サイトです。

宝塚花のみち法律事務所
相続相談サイト

お気軽にお問い合わせください

0120-302-042

お問い合わせフォーム

[受付]平日 9:00 〜 17:00 ( 完全予約制 )
※土曜・日曜・祝日( 平日の受付時間内にご予約いただければ、休日及び夜間のご相談も可能です。)

HOME > 事務所からのお知らせ

【裁判例解説】遺産中の不動産の賃料債権の帰属

最高裁平成17年9月8日第一小法廷判決

相続開始後,遺産分割前に共同相続財産から賃料債権が生じた場合に,その賃料債権がいかに扱われるべきかについては,従来,下級審及び学説において種々の見解が主張されていました。

この点に関し,本判決は,「遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,共同相続人の共有に属するものであるから,この間に遺産である賃貸不動産を使用管理した結果生ずる金銭債権たる賃料債権は,遺産とは別個の財産というべきであって,各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得するものと解するのが相当である。遺産分割は,相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるものであるが,各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得した上記賃料債権の帰属は,後にされた遺産分割の影響を受けないものというべきである。」と判示しました。

つまり,遺産分割が決まるまでの賃料は法定相続分に応じて各共同相続人に分配され,遺産分割の内容が決まって当該不動産を取得することになった人は遺産分割後の賃料は取得できるけれども,相続開始時まで溯って賃料をもらうことはできないということです。

ページ先頭へもどる