相続問題の解決に力を入れている「宝塚花のみち法律事務所」の相続分野に特化した相談サイトです。

宝塚花のみち法律事務所
相続相談サイト

お気軽にお問い合わせください

0120-302-042

お問い合わせフォーム

[受付]平日 9:00 〜 17:00 ( 完全予約制 )
※土曜・日曜・祝日( 平日の受付時間内にご予約いただければ、休日及び夜間のご相談も可能です。)

HOME > 事務所からのお知らせ

【コラム】持ち戻し免除の意思表示

遺産分割の分野において,「持戻し免除の意思表示」というものがあります。

まず,「持ち戻し」とは何かというと,生前贈与などの特別受益がある場合に,計算上,遺産に特別受益を加えてその合計を遺産とみなすことをいいます。

たとえば,相続人が子ども2人だとして,1人の子どもが被相続人の生前に自宅の購入資金として1000万円を贈与してもらっていた場合,被相続人の死亡時の遺産が3000万円であっても,遺産の額を3000万円+1000万円=4000万円とみなすのです。

その結果,子ども1人分の配分は4000万円÷2=2000万円となり,1000万円の贈与を受けていた子どもは1000万円しか受け取れません。

これに対して,「持戻し免除の意思表示」というのは「持ち戻しをしなくていい」という意思表示のことで,被相続人がこの意思表示をしていた場合には,持ち戻しは行われません。したがって,3000万円を遺産として2人で分けることになります(3000万円÷2=1500万円で,1人1500万円受け取れます)。

そもそも,なぜ特別受益を持ち戻すのかというと,特別受益は「遺産の前渡し」だという考え方が背景にあります。「あなたには先に遺産を渡しているのだから,私が死んだときの遺産分けは少なくていいでしょう」というのが被相続人の意思だというのです。

しかし,私は,以前からこの考え方が疑問でした。親は様々な事情を考えて,たとえば,「この子には期待しているから」とか「この子は体に障害があるから」とか,「みんなお嫁に行ったけど,この子だけ独身だから」とか,理由があって資金援助をするのです。そういう親が,「遺産を先に渡したのだから,自分が死んだときの遺産分けは少なくて良い」と考えているでしょうか。

実際,裁判で,私は,「持戻し免除の意思表示がある」と主張したことが少なからずあります。しかし,裁判所は「持戻し免除の意思表示」を認めることについて極めて消極的です。裁判官との意見交換会などでも,持戻し免除の意思表示を認定したことがあるという人に会ったことはありません。

私は裁判とは法律と証拠と常識に従って結論を出す場だと考えています。そして,実際に,世の中には「持戻し」なんか考えていない被相続人のほうが多数だと思っています。

そう思っていたところ,今回の相続法改正で,被相続人が特に何も言わない場合は「持戻し免除の意思表示があったと推定する」という規定が新設されました。私は,心の中で「よしっ!」と叫びました。私の感覚と法改正の方向性が同じだったからです。

弁護士は,立法機関ではないので,法律を作ったり改正したりすることはできません。あくまで,存在する法律を使って紛争を解決していくだけです。でも,このように,普段,疑問に思っていることが法律改正で解消したりすると,たいへんうれしい気持ちになります。

しかし,残念なことに,今回の法改正で「持戻し免除の意思表示」の推定が規定されたのは,一定の条件を満たす夫婦間の贈与のみでした。今後,この規定がさらに拡張されることを密かに期待しています。

ページ先頭へもどる