相続問題の解決に力を入れている「宝塚花のみち法律事務所」の相続分野に特化した相談サイトです。

宝塚花のみち法律事務所
相続相談サイト

お気軽にお問い合わせください

0120-302-042

お問い合わせフォーム

[受付]平日 9:00 〜 17:00 ( 完全予約制 )
※土曜・日曜・祝日( 平日の受付時間内にご予約いただければ、休日及び夜間のご相談も可能です。)

HOME > 事務所からのお知らせ

【コラム】祭祀承継者について

祭祀承継者とは,系譜,祭具及び墳墓等の祭祀財産を承継する者をいいます(民法897条)。

 

 

「系譜」とは,歴代の家長を中心に祖先伝来の家計を表示するものをいいます。
「祭具」とは,祖先の祭祀や礼拝の用に供されるもので,仏壇・神棚・位牌・霊位・十字架などをいいます。
「墳墓」とは,遺体や遺骨を葬っている土地に付着した設備で,墓石・墓碑などの墓標や土倉の場合の埋棺などをいいます。

 

 

なお,遺骨についても祭祀主宰者に帰属するというのが判例です。

 

 

祭祀承継は,遺産相続とは別のものと考えられており,祭祀財産は相続財産には算入されません。

 

 

祭祀承継者の決定は,第1に被相続人の指定により,第2に慣習により,第3に家庭裁判所が定めることとされています(民法897条)。

 

 

家庭裁判所が祭祀承継者を定める場合の基準としては,承継者と相続人との身分関係のほか,過去の生活関係及び生活感情の緊密度,承継者の祭祀主催の意思や能力,利害関係人の意見等諸般の事情を総合して判断するものと考えられています(大阪高裁昭和59年10月15日決定)。

 

 

 

【コラム】遺言の内容と異なる遺産分割

遺言があっても遺言執行者がいない場合には,相続人全員(遺贈があれば受遺者も含む)の同意があれば,遺言と異なる遺産分割をすることが可能です(熊本地裁昭和30年1月11日判決等)。

 

 

遺言執行者がある場合,遺言執行者及び相続人全員(遺贈があれば受遺者も含む)の同意がある場合に,遺言と異なる遺産分割を有効とした裁判例があります(東京地裁昭和63年5月31日判決)。

 

 

 

ページ先頭へもどる