相続問題の解決に力を入れている「宝塚花のみち法律事務所」の相続分野に特化した相談サイトです。

宝塚花のみち法律事務所
相続相談サイト

お気軽にお問い合わせください

0120-302-042

お問い合わせフォーム

[受付]平日 9:00 〜 17:00 ( 完全予約制 )
※土曜・日曜・祝日( 平日の受付時間内にご予約いただければ、休日及び夜間のご相談も可能です。)

HOME > 事務所からのお知らせ

【コラム】相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議

未成年者は単独で法律行為を行うことはできません(民法5条1項)。

よって,法定代理人が代理するか同意することが必要です。 

 

遺産分割協議も法律行為ですので,未成年の子は遺産分割協議に参加できません。

このような場合,一般的には親権者が相続手続を行います。

 

 

ただし,未成年者とその親権者が共に相続人である場合,親権者が遺産を多く取得すれば子どもの取得分が少なくなるという関係になります。このような場合のことを利益相反といいます。

 

 

利益相反が生じる場合,親権者は未成年者のために特別代理人の選任を家庭裁判所に請求しなければなりません。

特別代理人とは法律行為を行うことができない人に代わって法律行為を行う人のことです。

 

 

そして,家庭裁判所から選任された特別代理人が未成年者の相続手続を行うことになります。

 

 

ページ先頭へもどる